本文へ移動

不動産と相続

「不動産の相続」と聞くとピンと来ない方もおられるかと思います。「アパートやマンションを持っていない」「財産を持っているわけではない」という方であっても、実は身近に「相続」という問題は潜んでいます。
例えば「畑がある」「誰も住んでいない生家がある」などは当てはまることがあるのではないでしょうか?
不要としている土地・建物でも固定資産税は必要となりますし、特定空き家に指定されてしまうと固定資産税も高くなっていきます。確かに処分が困難な「農地」や「共有名義の土地・建物」かもしれませんが、現在の価値や今後の運用方法を一度確認されてみませんか?
そのような解決策や現状の確認をサポートいたします。

Q&A

不要な不動産だけを放棄することはできますか?
使わない実家は放置していても大丈夫ですか?
高齢の親の不動産を処分できますか?
当面売却の予定はないが、価値だけを知ることはできますか?
田舎の土地でも価値はありますか?
弊社ではこのような悩みごとを個別に相談に乗っております。
「相続してから考える」というのも一つの手ではありますが、「相続税」「放棄か相続か」など相続時には色々な問題が出てきます。
事前に色々と調査を行い、必要があれば処分や活用を検討していくことが大切です。
「いつか」ではなく「今後」を見据えて「今」考えてみてはいかがでしょうか?
税理士などのバックアップの元で色々な解決策をご提案させていただきます。
お客様のご要望をしっかり
お伺いしながら
お部屋をご紹介いたします!
来店予約

当社は『日本社宅ネット』の認定店です!

TOPへ戻る